自毛植毛とは

人間の毛にも髪の毛だけでなく、ひげ、鼻毛、すね毛というように様々な毛が存在し、それぞれ毛としての性質は違っています。
しかし実は髪の毛自体も場所によって性質が違い、側面や後ろの髪の毛の方が頭部よりも髪の毛として薄毛になりにくいからです。

自毛植毛はそんな髪の毛としての性質が強い部分の髪の毛を利用することで、薄毛や抜け毛が多くて毛が不安になってしまっている部分に植えつけることで髪の毛が生えてくるのを期待する方法です。
作られた毛を利用するのではなく、元から存在する自分の髪の毛を利用するため拒絶反応に関してはほとんど心配する必要がないのが大きなメリットです。
拒絶反応だけでなく、自分自身の髪の毛であるため定着する確率も高いものとなっています。

植えた後に生えていけば後はそのまま生えていくことになるため、アフターケアに関しても気にする必要はありません。
毛の性質自体は移植する前に存在していた場所と同じであるため、以前のように薄毛にはなりにくくなり、側面や後ろの髪の毛と同じように生えていくことを期待することができます。

このようなメリットがある自毛植毛ですが、移植作業をするだけあってそれなりの手順を踏まなければいけません。
では自毛植毛はどのような流れでやっていくのでしょうか。
メリットばかり書いてありますが当然のことながらデメリットも存在します。
では自毛植毛のデメリットは何があるのでしょうか。
他の施術と同じく、この行為も受けるクリニックによって質が変わります。
では自毛植毛のためのクリニックの選び方はどのようにすればよいでしょうか。


■特別外部リンク
薄毛に有効なことが科学的に立証されている薬品を使用している自毛植毛クリニックです >> 自毛植毛